レビュー一覧に戻る
スーパーマン II/冒険篇

pkj********

4.0

続編というか後編といった作品

 1981年アメリカ作品。第1作の続編にあたる作品、パリのエッフェル塔がテロリストに占拠され、水爆で爆発の危機にさらされた。スーパーマンが宇宙へ持ち出し処理するが、惑星クリプトンの反逆者ゾット将軍らがその爆風の影響で閉じ込められていた物体から解放されてしまうい、月から地球へと破壊活動を始める。そんな中、思いを寄せる女性記者にクラークは正体がばれてしまう。スーパーマンから一人の男として再出発をするが、ゾット将軍に地球を奪われてしまう。再度スーパーマンに戻るケントだが…  監督を前作同様リチャード・ドナーが担当であったが、製作費の膨大な超過と映画会社との確執によりレスター監督に変更。大半の撮影は終わっていたが、この交代劇は有名な話である。2006年にスーパーマンがスクリーンに復活した際に、クリストファー・リーブへの哀悼の意味も込められて、「ドナー・カット版」として、本来制作される予定のカット割りでこの第2作目が再編集されて次世代DVDでのみ発売されています。ぜひ、そちらも見てください。

閲覧数474