スーパーマン II/冒険篇
3.5

/ 226

16%
32%
39%
9%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(46件)


  • ozj********

    3.0

    ドラゴンボールの神の言葉を思い出した。

    冒険編とあるがどこが? 今作はスーパーマンが自分の正体をロイスに証し、使命を捨て人間になってしまう話。2は彼の父に恨みを持つ3人が出てスーパーマンが激闘を繰り広げる。でもスーパーマンがあっけなく超能力を捨てた事を後悔するのはこの3人ではなく食事の時に理不尽な暴力を受けたのが直接の原因かと。ただの人間のクラークは全く弱くて不安になった。でもロイスの記憶を消す必要はなかったのでは?駄作の4作目ではロイスが全部思い出した事が明かされてます。再び消されますが。シリーズで一番好きですがやはりレックスが人の家に無断で入ったりやりたい放題だったのがちょっと…それもこれも全てスーパーマンがロイスにペラペラ話してしまったのが悪い。自業自得と言えばそうだが。3人の末路もあっけなさすぎて拍子ぬけした。それと人間の弱さ脆さ儚さが良く出ていて何かあったらスーパーマンが助けてくれる、と思い込んでしまっているのが怖いと感じた。自分達の星は自分達で守らなければという信念が全く見えなかった。でもやはりこの2作はいつも観てしまう、それだけ名作という事でしょうか。

  • グレート・シン

    4.0

    ネタバレリーブ・スーパーマン最高

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 1048

    3.0

    スーパーマンII

    個人的には前作よりか 面白さはダウン しかし前作がよかっただけで 本作も楽しめた。 シンプルな内容だが 今見ても楽しめる本作を 今の今まで敬遠していた自分に反省

  • 一人旅

    5.0

    クリストファー・スーパーマン第2弾

    リチャード・レスター監督作。 クリストファー・リーヴがDCコミックスの「スーパーマン」を演じた往年シリーズの第2弾で、当初監督を務めていたリチャード・ドナーが製作者とのトラブルにより途中降板したため、クレジット上はドナー監督の後を引き継いだリチャード・レスター監督のみ表記されています。 宇宙空間に幽閉されていたものの水爆の爆発により解き放たれたゾッド将軍(テレンス・スタンプ)率いる3人の悪党と、刑務所から脱獄しゾッド将軍側と結託した宿敵:レックス・ルーサー(ジーン・ハックマン)の陰謀に対して、クリストファー・リーヴ扮する主人公クラーク・ケントが果敢に立ち向かってゆく様子を活写したシリーズ第2弾で、ポイントはクラーク・ケントがヒロイン:ロイス・レーンに対する愛情とスーパーマンとしての使命の狭間で葛藤する様子が語られていくことです。さらに、本作ではコナン君と蘭姉ちゃんの長年の関係性とは違って、ロイス・レーンが同僚のクラーク・ケントの正体がスーパーマンであることに早々に気づくということもシリーズの一つの大きな転換点となっています。 見せ場はスーパーマンvs三悪人が人通りの多い都市部で繰り広げる能力バトルで、VFXを駆使した迫力重視のアクション演出は前作にも負けず劣らず気合十分ですし、ナイアガラの滝における少年救助などハラハラさせる人助けシーンも前作を踏襲しています。そして、ジョン・ウィリアムズ作曲のお馴染みのテーマ曲にテンションが上がってしまうのも前作と同じ仕様です。 蛇足) 撮影途中で降板したリチャード・ドナーによるCUT版が2006年にソフト化されました。

  • hick

    4.0

    ネタバレ初戦闘に悪の共闘、熱いプロット

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • fiv********

    4.0

    素晴らしい!

    クリストファー・リーブ版のスーパーマンシリーズをすべて一気見するつもりで観始めた。 しかし結果は、3で挫折。 1と2の内容はとても面白い。 ところが3になると急にお子ちゃま向けになる。 1と2は、スーパーマン誕生とコメディタッチながら切ないラブストーリーでとても素晴らしい。 音楽もジョン・ウリアムスのお馴染みのスーパーマンのテーマが効果的で熱くなる。 それが、3からヒロインが変わりテーマ曲も無くなり別物の印象でがっかり。

  • エル・オレンス

    4.0

    ネタバレ1作目とは違った面白さ!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • min********

    4.0

    思い入れがあるから

    相変わらずかっこいい。古き良き・・という感じで、昔大好きだったから贔屓目で見ているところもあるかも知れないけど、それなりに面白かったし。

  • ton********

    4.0

    シリーズ最高傑作

    個人的にはスーパーマンシリーズでの最高傑作だと思います。 特撮は当時感心しながら観ていました。 最強の敵との死闘、ロイスとの恋、子供ながらにハラハラ・ドキドキして感動した覚えがあります。

  • qaz********

    2.0

    前作よりレベルダウン

    月曜に渋谷TUTAYAでレンタルし鑑賞しました。 前作と比べるとスケールダウンが否めません。 まるでビートルズの映画のノリです。 だいたい、ロイスがすぐにクラークの正体を暴くのもいけませんね! あの「スパーマン・リターンズ」は本作のラストから遥か流れたスーパーマンがやっと帰還したという設定です。

  • kus********

    3.0

    コミカルになってしまう

    CG技術はまさに2000年を境に20世紀以前と21世紀以後で急激に大きな進歩をしたと感じる。 スーパーマンをはじめとするSF作品、アメコミ作品などがCGにより全然違ったものと思えるくらいの高度な内容となって続々と作られ始めた! このころの…20世紀の特撮(SF)作品を見るとどうしても真面目(シリアス)にするとおかしくなってしまう照れ隠しみたいにコミカルになっています…それがいいともいえるのですが…

  • uay********

    5.0

    ネタバレシリーズ中最高

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • カーティス

    4.0

    冒険篇のほうが好きかな

    1作目のリチャード・ドナー監督が製作途中で降板したためリチャード・レスター監督が追加撮影して完成させたという複雑な経緯をもつ作品。そのおかげか、ドナー監督の生真面目な演出がいい感じに和らげられ、レスター監督の特徴であるコミカル演出もやりすぎない程度に抑えられ(一部シーン除く)、個人的にはちょうどいい塩梅に。 悪の超人3人衆は存在感があってカッコいいですし、クラークとロイスのラブコメもなかなか楽しいです。オチもロマンチックでステキ。戦闘シーンのショボさや一部の展開が説明不足なこと等不満な点はありますが、個人的には1作目より好きです。 ドナー監督の当初の意図に沿うように編集し直したドナーカット版も見たのですが、ちょっとコメントに困る出来で…編集が荒っぽかったり、追加したCGは浮いていてチープだったり、ラストの展開が思いっきり矛盾していたりと粗の多い仕上がり。せっかく作るならもっと丁寧に作ればいいのに…と思ってしまいました。 話自体は冒険篇と一緒ですが、冒険篇がラブコメだとすればこちらは人間ドラマに見えるぐらい印象が変わります。編集次第でこうも変わるんだな~と興味深く見れました。それだけに荒っぽい出来だったのが残念です。

  • mas********

    5.0

    ネタバレ脚本の良さはシリーズ1!思い出の作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • パラボナ

    4.0

    レスター版鑑賞

    レスター版を鑑賞。感想としては、ドナーのIより面白かった。もっとも、ここではラブコメ要素が強い、描写が稚拙と不評みたいだが、恋愛は人と人とにしかできない特殊な感情であり、それをクリプトニアンのクラークと人間のロイスがするというところに意味があると思う。また、描写については、最終的に地球を逆回転させたIよりまともだったと感じるが。 とにかく、近いうちにドナーカットを見て、比較してみたい。

  • ton********

    3.0

    リチャード・ドナーCUT版を見るべし

    リチャード・ドナーが降板してリチャード・レスターが引き継いだ劇場版は駄作。あまりに馬鹿馬鹿しくて見る価値なし。 最近、原案に沿って再編集されたリチャード・ドナーCUT版というのが出たというのを知り、これを見たら全く内容が違っているのに驚いた。 しかもなかなか上手くまとまっていて面白い。 これは明らかにラブコメです。

  • cry********

    4.0

    冒険編

    前作で囚われの身だったゾッド将軍達がついに始動。スーパーマンと互角かそれ以上の戦いを繰り広げる。一方でクラークとロイスの恋の物語。可愛らしい顔のロイスとのロマンスがちょっとキュンとさせる。ゾッド将軍達のやりたい放題地球征服計画、そして今世紀最大の犯罪の天才(自称)のレックス・ルーサーの姑息な計画が平行して、スーパーマンが悪戦苦闘する。これはスーパーマンの人間好きはどこまでかが分かり、そして人間を守る為にはスーパーマンでいなければならない事を痛感する物語だ。

  • ron********

    3.0

    リチャード・ドナー版

    ブルーレイのリチャード・ドナー版のほうを鑑賞。 前作と同じく「ヒーローがヒーローでいられた時代」の良さが、よく出ていると思います。 ただ全体的には、前作よりは少しシリアスというか、重めな印象ですね。(まあ前作もラストはかなり重い展開がありましたが) バトルシーンのもっさり感なんかは、流石に時代を感じさせるものの、スーパーマン好きなら今観ても楽しめると思います。 悪役三人が良い味出してました。

  • おおぶね

    3.0

    ネタバレ正体

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tok********

    1.0

    これは、完全に駄作レベルです。

    当時、”ゾッド将軍”との壮絶なるシーンを想像しながら劇場に足を運んだんですが・・・・・・ 今見直しても非常に陳腐な内容で・・ これは、完全に駄作レベルです。

1 ページ/3 ページ中