スエーデンの城

CHATEAU EN SUEDE

102
スエーデンの城
2.5

/ 2

0%
50%
0%
0%
50%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(1件)


  • じゃむとまるこ

    4.0

    偏愛的映画 アネックス

    1962年フランス映画。 耽美派の鬼才・・・と云うんだろうか、好きな女優で好き勝手に映画を撮って、それなりに評価を得ているいる、幸せな監督です・・・ロジェ・ヴァディム。 育てた、妻にした、子供を作った女優リストはゴージャスそのもの。 ブリジット・バルドー、ジェン・フォンダ、カトリーヌ・ドヌーヴ・・・美女ばかり! 本作には、出来はともあれ、耽美派の面目躍如、耽美幻想に目のない私は、大変な入れ込みようでした。 スエーデンの大きな湖の孤島にそびえる、18世紀風衣装フェチの一族が暮らす古城。 そこに訪れた知人達との入り乱れた恋愛遊戯と不可解な殺人事件・・・・ミステリー調の密室劇です。 でもお話などどうでもいいのです、その耽美幻想に陶酔する・・・極端に観客を選ぶ映画。 原作は”あの”フランソワーズ・サガンの戯曲・・・ハイ、入れ込みついでに戯曲も読みました。 キャストはまさに私好み、ゴージャス。 モニカ・ヴィッティ、クルト・ユルゲンス、ジャン・クロード・ブリアリ、ジャン・ルイ・トランティニャン、それにフレンチ・ポップスのフランソワーズ・アルデイ。 モニカ・ヴィッティ28歳、最高に美しい、アンニュイ、は、この方のためにある言葉。 音楽は、ジャズのスタンダードナンバーになっています、曲名も「スェーデンの城」、アナログもすり切れるほど聴きました。 今は、ヨーロピアン・ジャズ・トリオの演奏が入手可能と思います。 評価は★4ですが、全くあてになりませんので・・・偏愛的映画ですから。 次のアネックスはマリー・ラフォレ「赤と青のブルース」、いまDVDを入手すべく奮闘中。 あ、くれぐれも誤解のないように、リアルタイムで観ているわけではありませんので。

1 ページ/1 ページ中