ここから本文です

スター! (1968)

STAR!

監督
ロバート・ワイズ
  • みたいムービー 7
  • みたログ 34

3.50 / 評価:10件

ジュリーアンドリュースのワンマンショー

  • blu***** さん
  • 2015年7月2日 23時41分
  • 閲覧数 279
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画はブロードウェイの大スターガートルードローレンスの半生を描いていますが、ジュリーアンドリュースのワンマンショーだと思えば映画の欠点は見えなくなります。最初はテンポが良く進みますが、ガートルードローレンスがアメリカに渡ってからは怒ってばかりのワガママな嫌な女に成り下がりジュリーアンドリュースの暖かさが消されミスマッチになります。ガートルードローレンスという女優としての傲慢さを描きたかったのでしょうがだんだんソープオペラになってしまいます。これは脚本やローバートワイズ監督の計算ミス。ジュリーアンドリュースの演技が頑張れば頑張るほど空回りして嫌なワガママ女になってしまいます。スターって孤独なんですね。ガートルードローレンスは王様と私の当時新人のユルブリンナーを見出したオリジナルキャストでしたから王様と私までを描いて欲しかったです。しかも上映時間3時間は長々となり退屈してきます。アメリカでは映画は大コケして日本ではそこそこヒットしましたが、二番館三番館となるにつれてカットされ2時間映画となってしまいます。テレビ放映ではコマーシャルを含み2時間映画となり大幅カットとなりました。しかしながらジュリーアンドリュースのミュージカルシーンは超一流で、マイケルキッドの振り付けが素晴らしいから、ジュリーアンドリュースのワンマンショーだと思えばストーリーやガートルードローレンスなんか気にしないで鑑賞できます。ジュリーアンドリュースはスター!や暁の出撃の興行的失敗とブレイクエドワーズ監督との結婚生活を優先したことからハリウッドを離れ仕事をセーブするようになります。以降はブレイクエドワーズ監督作品に何本も出演するようになり傑作ミュージカルビクタービクトリアでリベンジします。という流れになります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ