ここから本文です

スター・ウォーズ (1977)

STAR WARS

監督
ジョージ・ルーカス
  • みたいムービー 273
  • みたログ 1.0万

4.32 / 評価:4022件

スペースオペラの王道にして最高傑作

  • pwi***** さん
  • 2020年5月11日 14時02分
  • 閲覧数 140
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

SF映画の歴史を変えた傑作でありスペースファンタジーの代表作にして頂点でもある。

物心ついた頃、兄と共に今は亡き父に連れられて映画館に連れていってもらった時のあの感動を今でも鮮明に覚えています。

自分が映画好きになった(特にSF)きっかけの作品であり、現在でも好きなSFベスト10に於いて不動の1位に耀く作品です。自分も含め多くのファンの方がこの作品に出会ってなければ人生が変わっていたかもと云う位偉大な作品です。今ではもう映画という枠を飛び越えて一つの文化だと思ってます。

初見時は幼かった事もあってか、正直な処、話の筋の
方は残念ながら余り理解出来ていなかったと思います。しかし、それでも 遠い昔、銀河の彼方で...で始まるOPロール後に、現れるスターデストロイヤーの強烈なインパクトに度肝を抜かれ、主人公達は勿論のこと、ダース ヴェイダーや、ストーム トルーパー、C3POや、 R2ーD2、チューバッカといった魅力的なキャラクターがスクリーンの中で所狭しと動き回っているのを観ているだけでも大満足でした。

それから現在に至るまで、ビデオやdvdでは勿論、TV放送を含めもう数えきれないくらい観ていますが(それこそもう周りの人が呆れるくらい)これ程昔に作られた映画で未だもって観賞に耐えうるどころか、飽きる事無く繰り返し観る事が出来る作品は数少ないと思います。(個人的にはSF映画なら本3部作とエイリアンとブレードランナー位)

まだSWを未見の方でこれからSWを観て観ようと思われている方は是非、本作から観賞する事をお勧めします。本作には神話や、ファンタジーは勿論、ジヤンル問わずエンタメのあらゆる要素が凝縮されています。お子様ならおもちゃ箱をひっくり返したような愉しさ、少年なら冒険心や、ロマン、ヒロイズムを感じ、少し大人になって見方を代える事によって精神論や、哲学の域まで深読み出来るような珠玉の一本となってます。

物語の序章はepisode.1ですが最初に観るべきは原点である本作だと思います。


p.s. あ、 因みに本3部作に新たなシーンが追加された特別編は一部のファンの間で評判が悪いのですが自分は全然好きですよ。劇場公開時も勿論足を運びました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 勇敢
  • 知的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ