ここから本文です

スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 (1983)

RETURN OF THE JEDI

監督
リチャード・マーカンド
  • みたいムービー 109
  • みたログ 7,965

4.28 / 評価:2649件

ジェダイの“復讐”× =“帰還”◎

  • pwi***** さん
  • 2020年5月13日 5時13分
  • 閲覧数 30
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

クラシック三部作完結編

コアなファンからの評判は芳しくないけど、個人的には大好きな一本です。

全体の完成度としては、前2作と比較すると残念ながら、やや落ちるといった感じではありますが、個人的には充分に合格点だし、ep.7や、ep.8なんかとは比較にならない位面白く、本当に良く出来ていると思います。

只、見所の多かった前作に比べると、見せ場らしい見せ場は、OPのセール バージでの攻防と中盤のスピーダー バイクによるチェイスシーン位で後は、クライマックスまでおあずけといった感じで、観る人によっては若干地味に感じるかもしれませんね。

前2作の頃より、多少VFXが進歩したのか、予算の関係なのかは解りませんが、クライマックスに於けるデス スターを巡っての戦闘シーンは、戦闘機、戦艦共に数も多く、見せ場の連続といった感じで、巧みな編集と相まって(特にランド率いる攻撃隊が一斉にハイパースペースに突入するシーンと、一転してハイパースペースから出現するシーンは)、今の眼で観ても本当に“超”が付く程格好良いし、何度観ても本当に素晴らしい出来だと思います。

反面、ツッコミ処も多く、人気キャラであるボバ フェットの情けな過ぎて笑えない退場(前作の、出番は少なくとも存在感あった格好良いアンタは何処行った? ア~ンド あのジャンゴのクローンにしてはお粗末過ぎるダロ!な件)に始まり、原始的種族のイウォークにフルボッコにされるストーム トルーパー(帝国軍さん! オタクの兵士、こんなに雑魚過ぎてホントに大丈夫ですか?な件等)や、一部のファンの方々が指摘されてる通り、ep.1のダース モール同様、余りにも適当過ぎる皇帝の最期等々。


総評 全体的に緊張感のあった前作に比べると、先に書いた新キャラクターのイウォークのせいもあってかは解らないけど、作品自体の対象年齢が広がった印象で、中盤まではどことなくユル~い感じがしますが、終盤からクライマックスにかけての怒濤の展開はなかなか宜しく、なんと言ってもデス スター攻略は最高に盛り上がり、SWはやっぱこうでなくてはと思わせる辺りの演出は本当に素晴らしく、そこからスムーズに感動のフィナーレへと繋がる流れも見事です。全体的に纏まりも良く、巷で言われる程悪い出来ではないし、それどころか寧ろ、巷に溢れ還る凡百のSF映画なんかに比べれば本作も、又、前2作と同様に充分名作の部類の作品だと思います。

世間での評価が芳しくないのは前作が余りにも傑作過ぎて次回作への期待値が上がり過ぎたせいではないでしょうか。

まとめ 個人的ランキング

1位 新たなる希望
1位 帝国の逆襲
2位 ジェダイの帰還
2位 シスの復讐
5位 ローグワン
6位 クローンの攻撃
7位 ファントムメナス

といった感じです。


p.s. ファンの間で不評のイウォークですが、お子様からは人気があるそうです。どうでもい良い話ですが、遠い昔 はるか銀河系の彼方で、この人気に自分もあやかろうと2匹目のドジョウを狙って、ライアン ジョンソンとか云う人がポーグなる如何にもなキャラクターを作ってSWっぽい?自分の映画に登場させたそうな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ