ストリートファイター

STREET FIGHTER

102
ストリートファイター
2.5

/ 133

8%
7%
28%
36%
21%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(36件)


  • hik********

    2.0

    ヴァンダムより強い奴に会いに行く。

    監督、脚本はあの「ダイ・ハード」、「48時間」のスティーヴン・E・デ・スーザ。 監督をしているのは珍しい気がしました。 才能を使い果たした頃のデ・スーザ作品です。 あの超有名テレビゲームの実写化ですが、リュウでもケンでもなく、あえてガイルが主役。斬新と言えばそうなのですが、個人的には残念でした。 だいたい、ゲームとこの実写版とで、キャラクターの名前が違っているのが納得できない。 それなりの理由があったんでしょうが、誰が誰のことを言っているんだか解らないときがありました。 追悼ラウル・ジュリア。

  • yuki

    2.0

    ネタバレいろいろ微妙。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kan********

    2.0

    ザンギエフが

    ザンギエフが似すぎな件

  • 宮崎是彰

    2.0

    格闘ゲームなので

    格闘ゲーム原作の作品です。 まあ、ストーリーは求められないし、ゲームキャラのコスプレ?した人が活躍するって感じですね。とはいえTPOをわきまえていない格好はなんともいえなくなります。 かなりb級な作品ですが、こんなもんかなという感じも受けますね。子供向けには良いのではないでしょうか

  • のりたま

    4.0

    悪くない

    ゲームとは切り離して観ればそれなりに楽しいです ただ 春麗役の女優さんにはちょっと違和感が・・・ でもストレス無く最後まで観れました

  • 鯖雄

    4.0

    そこそこ楽しい実写化アクション映画

    原作ゲームそのものはプレイしたことはないものの、ある程度は世界観やキャラクターを知っていたので、観賞中、原作の設定と比べて違和感を感じるところはあった。しかし、作品全体、アクション映画としての出来は悪くはなく、案外楽しめる。 何と言ってもジャンクロードヴァンタム。キレのあるアクションに流石と言わざるを得ない。

  • 1048

    1.0

    時間の無駄

    これは悪いB級アクション作品。 何もかもショボショボで見てられなかった(笑) テレビの吹き替えで見たのも悪かったような…。

  • xyx********

    4.0

    マッチョ男はゲームをしない

    いったいコレは何の映画なのでしょう? ストIIのコスプレをした集団と子供向けヒーロー番組のノリと戦争アクション映画となんちゃってSFとしょーもないギャグがゴッチャ混ぜになって味がよくわからない闇鍋珍品料理と化しています。ゲテモノ好きには堪らないぜ!! 何の映画なのか答えを得るべくメイキングのインタビューを見ても 「リアルさにこだわったんだ」と言う人がいる一方で「おとぎの国を描いたSF的作品だ」と言う人がいたりと皆が言っていることがバラバラ。 ・・というか原作のゲームについて語る人が全然いない!! 主演のヴァンダムが語る。 「僕が演じるガイルというキュラクターは・・マッチョな男だ」 え?そ、それだけ!?そんなの見た目でわかるよ!!ゲーム自体に全く興味がないことがよくわかる一言です。 監督も映画化を引き受けた理由が息子が大好きだからよく知っているということだから自分自身がストIIに思い入れがあるわけではない。 映画全体から「ガキンチョに売れているネタでやりたい放題やって大儲けしたるでぇ」という空気が満ちています。 格闘ゲームキャラを実写化するためには必然的にマッチョなアクション系俳優を起用しなければならない。よって体育会系の人材ばかりが集まり、ゲームに愛情を持ったオタク寄りの人材が不在のままファンの愛するゲームが脳筋仕様に魔改造されてしまう。主役のガイルが一度死んだと思われる展開はライフがなくなってもコンテニューですぐ生き返るゲームの世界を表現していた!?・・んなわけあるかい!! 「サイレントヒル」「バイオハザード」といった比較的成功の部類と言われるゲーム実写化作品は監督が原作ゲームが大好きで愛情を注いで製作されています。 作り手のリスペクトと愛情さえあればなんとでもなるはずなんですよね・・。 孫にせがまれて出演したというバイソン役のラウル・ジュリアが唯一大真面目かつノリノリに悪の独裁者を顔芸全開で大怪演しています。 彼の存在のおかげでこの珍作を楽しく観れる人はかなり多いはず。私もそうです。 そしてここで裏話を一つ。 この映画にはストIIのキャラが全員登場していると思いきや、ブルース・リーをリスペクトしたカンフー使いフェイロンの存在が唯一ありません。 なんと実はフェイロン役をジャッキー・チェンが演じて出演する予定だったらしいのです!スト2の実写化だけではなくヴァンダムとジャッキーの夢の競演もウリである作品になるはずが、ゲームの版権問題で実現せず。ああなんと残念。 ジャッキーが加われば香港のカンフー映画の人材も参加して映画全体のアクションのレベルがアップして名作になり得る可能性は十分あったはず。 ジャッキー自身も何作かゲーム化の経験がありテレビゲームへの理解もあるはず。この映画の前年に公開された実写版シティーハンターで唐突にチュンリーと本田のコスプレを披露したのは、ひょっとしたらストIIを本気で演じることへの意気込みをあらわすものだったのかもしれません。(だからってなぜチュンリーと本田!?) 無駄に凝ったセット・ロケと無駄に多いエキストラと大人の事情。例えるなら賑やかで楽しいお祭りに出ている胡散臭い出店。そんなこの映画が私は好きです。 無理矢理出している大作感にハマれば癖になっちゃうぞ!

  • mya********

    2.0

    子供の頃は、楽しんだ気がする。

    つい最近テレビで放送していて、子供の頃を思い出してワクワクで観たんだ。 けれど、うーん、楽しめなかった。 なんでだろう? 子供の頃は、ワクワクして観ていた筈なのになぁと少し残念でした。

  • hou********

    5.0

    ゲームにこだわらなければ、面白い

    確かに必殺技はないし、キャラ設定も完全オリジナル。でも普通のバトルアクションとして観ればそれなりに見せ場は多いので、楽しく観れます。 キャラのやストーリーのコミカルな演出も個人的には楽しいです。 逆に製作された年代を考えると、原作ゲームと切り離して映画にしたのは正解だと思います。この時代に下手にSFX などで無理に必殺技などを表現していたら、それこそ目の当てられない代物になっていたと思います。 今の技術なら可能かもしれませんが、CG で何でも出来るので、再映画化するなら相当慎重にやらないと技術的に何でも表現可能という油断から、それこそ酷いものになるかも。 ゲームとは切り離したアクション映画として観れば、それなりに見せ場があり話が暗くないので楽しめると思います。

  • pow********

    1.0

    ネタバレこんなゴミが遺作のラウルさんが気の毒!!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hea********

    2.0

    アニメとゲームの映画化は・・・

    製作決定時からやばそうな匂いがしていましたが、まあやっぱりって感じでした。 でも、もっとひどいものを予想していたので、星1つは回避です。 「ストリートファイター」のライバル「鉄拳」も映画化されていましたが、あっちもひどかったですね。 でも「ドラゴンボール」よりはマシです。 それにしてもジャン=クロード・ヴァン・ダムのお仕事も寂しいですね。 スタローンとシュワルツェネッガーの最盛期の時は筋肉俳優の需要は高かったのに、最近じゃ全然需要ないですね。 ヴァン・ダムも「エクスペンダブルズ」シリーズ以外では全然見なくなってしまいました。 そう言えばジャッキー・チェンが「シティーハンター」で春麗のコスプレしてましたっけ。 これをファミリー映画と勘違いして劇場に入ってしまったりしたら大変だね。 ちなみに映画とアメリカ版のストリートファイターではバイソンとベガの名前が入れ替わっています。 もちろん理由は著作権ネズミ超帝国のいる国だからです。

  • toy********

    1.0

    ストIIのコスプレ映画

    独裁者バイソンが国連の医療団を拉致し200億ドルの身代金を72時間以内に払うよう要求する。国連軍は司令官ガイル大佐を中心に救出に行く。 ストリートファイターの登場人物を使ってストーリを作ろうとしたのだろうが無理があったのだろう。単にストIIのコスプレ映画に成り下がっている。 駄目出しのレビューが多いが、タイトルで、自分のゲームの世界がどう実写化されるのか、みんな期待してみるのに、その期待を裏切って、1対1のバトルが無い。あっても複数のバトルがシーン切り替えされ、集中しない。 カプコンが制作支援しているのに、カプコンはゲームを作るだけで、ゲームを楽しんでいないのかと思う。制作側とユーザ側に思いにギャップができると、良いゲームが作れないのではと思う。 みんな嘘臭いCGでも良いので昇龍拳や波動拳が見たいと思っているし、ソニックブームが見たいと思っている。ゲームでは、ケンの昇龍拳を初動のときは無敵空間で敵の攻撃をかわす事ができるし、春麗(チュン・リー)の百裂脚やスピニングバードキック/回転的鶴脚蹴を期待している。 何故ストリートファイターというタイトルにしたのだろうと思う。

  • gre********

    1.0

    日本のゲームの実写を

    アメリカで作るとガイルが主役とおもしろい設定です。 ということは各国でその国自身がストーリーを作ってくれてもまたそれでおもしろいのかなと思います。 30代20台後半の人ならおそらく1度はゲームを体験しているのではないでしょうか!?(ちなみに私はあまりテレビゲームが得意ではなかったので比較的必殺技の出しやすいE・本田を一番選んでいました…) 初めからあまり期待をしないで見れる部類の映画です。映画のもつ懐の深さを垣間見ることができます。

  • vel********

    4.0

    ネタバレコマンドー以来の…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 珠華

    5.0

    ネタバレこれはこれで楽しい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • drm********

    1.0

    そりゃ、ね

     TVで鑑賞。  まあ、観る前からこうなることは予測できた訳で。  鑑賞したのも逆にどれだけあの世界をマイナスに壊せるかに興味があったので。  なので観てみたら許容範囲ではあったのですが…。  そもそもストリートファイターの世界を下敷きにする必要があったのか?という疑問はあるのですが、それはあまりにも一般的な使い古された疑問になってしまいますね。  当時の可愛かったカイリーさんの姿を見れて良かったとしておきますかね。

  • hir********

    1.0

    どこがストリートファイター

    人物設定もストーリーも疑問だらけというか、違和感だらけ。 ダルシムは髪フサフサで科学者の設定だし、サガトは見ただけで弱そうなただのオヤジ。 リュウとケンも地味で弱そうだし、バルログはすぐに仮面を脱ぐし、その素顔も美形じゃない。 いつまでたってもストリートファイト始まらないし・・・。 ゲームなら何時間もプレイできるのに、 この映画は数十分のところでギブアップ。

  • syh********

    1.0

    ぜんぜん面白くなかった・・・。

    「スト?」が流行った当時、私はガイル使いでした。 けどすっごく下手だったので、ひたすら"ソニックブーム"だけで友達に挑んでいた覚えがあります・・・。毎回メタメタにやられてましたヨ。。。 そんな根っからのガイルファンの私。 ジャン=クロード・ヴァン・ダムはイメージピッタリでカッコイイ!! キャミィも可愛かったし、どのキャラもイメージを激しく損なっているということは無かったので、そこは安心。 ただ・・・キャラ設定とストーリーがもう滅茶苦茶。名前も変更されてて、何が何やら・・・。 正直つまらなかった!!! リュウとケンが詐欺師って・・・(-_-) バイソンが浮くくらいなら、ソニックブーム出せるっ! 腕だって伸びるっ!

  • oni********

    5.0

    ゲームとは割り切る、これは別物

    見たのがまだ小さい頃で、なぜ名前がちょいちょい違うのかなど気になってましたが。ゲームと違う作品だと思ってみればすごい楽しかったように思います。 ガイル役のヴァンダムなんかすごいかっこよくて真似した覚えがあります笑 今からでも見たいと思う作品です。いろいろツッコミどころもあるけどそれがまた面白い。

1 ページ/2 ページ中