ここから本文です

素直な悪女 (1956)

...ET DIEU CREA LA FEMME/AND GOD CREATED WOMAN

監督
ロジェ・ヴァディム
  • みたいムービー 22
  • みたログ 191

3.50 / 評価:32件

野生美のセックスシンボル

  • gar******** さん
  • 2008年6月4日 14時00分
  • 閲覧数 740
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

男をトリコにする魔性を秘めた女・ジュリエットと彼女に翻弄される三人の男たちを描いた作品。ブリジット・バルドーの出世作です。映画としては、まあまあの完成度ですがこうやってDVDで見られるのは、やはりベベのおかげでしょう。
決して美人とはいえない子どもっぽい顔立ちではありますが、まるで野生美を体現したような奔放さと天真爛漫さがなんとも言えぬ魅力を醸し出しています。20世紀のセックスシンボルと言えば、マリリン・モンローを思い出しますが、彼女がハリウッドによって磨きぬかれて生まれたセックスシンボルだとすれば、ベベのそれはまさに自然が生みだしたものだと思います。洗練とは程遠いですが、短めのスカートに裸足という子どもがそのまま大きくなったようなスタイルが何とも可愛く、小悪魔的です。ジャン=ルイ・トランティニャンをはじめ、男たちがくびったけになる気持ちが何となくわかる気がします。特に印象に残るシーンは、ラスト近くのマンボを踊るシーン。激しいリズムに合わせて踊り狂う姿は、そんなベベの魅力が最大限に発揮されたシーンだと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • セクシー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ