ここから本文です

スパイナル・タップ (1984)

THIS IS SPINAL TAP

監督
ロブ・ライナー
  • みたいムービー 69
  • みたログ 158

3.81 / 評価:81件

解説

架空のハードロックバンドをめぐるフェイクドキュメンタリー。全米ツアーを行う彼らを待ち受けるトラブルの数々を追いながら、バンドの軌跡をたどる。メガホンを取り、劇中に登場する映画監督にふんするのは『スタンド・バイ・ミー』などのロブ・ライナー。ドラマシリーズ「ベター・コール・ソウル」などのマイケル・マッキーン、脚本家や監督としても活動しているクリストファー・ゲストらが出演する。レッド・ツェッペリンなど実在するバンドのエピソードをベースにしたというシーンもある。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1960年代にデビューし、時代の流行に合わせて音楽性も変えてきたイギリスのロックバンド、スパイナル・タップ。ハードロックへ路線を変更した彼らは、ニューアルバム「Smell the Glove」のリリースに合わせたツアーをアメリカで行うことになる。彼らのことが大好きな映画監督マーティ・ディ・ベルギー(ロブ・ライナー)がツアーに密着する中、バンドの思わぬ歴史やエピソードが飛び出す。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ