スパイ・ライク・アス
3.4

/ 51

14%
25%
47%
10%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(9件)


  • kak********

    4.0

    おかしなスパイ二人組が仕掛ける世界平和!

    「ブルース・ブラザース」のジョン・ランディス監督が、「フレッチ/殺人方程式」など”フレッチ”シリーズでお馴染みのチェビー・チェイスと、「ゴーストバスターズ」のレイモンド・スタンツ博士役で知られるダン・エイクロイドを主演に手がけたスパイ・コメディ映画。 物語は、米ソ冷戦時代の一触即発的危機を背景に、米国の国民を守るため命を賭けたスパイの活躍が描かれる・・・と言いたいところだが、全く真逆で落ちこぼれスパイの有効活用として粗末に扱われる姿が描かれて行く。しかし、その裏では何やら陰謀も渦巻き、緊迫感とお笑いが適度にブレンドされた内容が楽しめる。 共演は、TVミニシリーズ「バミューダ・トライアングル」など準主役的脇役で活躍するブルース・デイヴィソン。「いちご白書」のサイモン役が強烈な印象で有名である。そして本作品は”映画検定”かのように大量に監督が出演していて面白さに拍車がかかっている。 「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」のフランク・オズ監督 「未来世紀ブラジル」のテリー・ギリアム監督 「恐竜100万年」のレイ・ハリーハウゼン監督 「007」シリーズの特殊効果や視覚効果のデレク・メディングス監督 「ファーゴ」のジョエル・コーエン監督 「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ監督 「ビバリーヒルズ・コップ」のマーティン・ブレスト監督 「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」のマイケル・アプテッド監督 「悪魔の赤ちゃん」ラリー・コーエン監督 「マッド・シティ」のコスタ=ガヴラス監督 他にも、コメデイアンのボブ・ホープなど監督以外の有名人も多い。そして「007」のボンドガールを思わせる美女として、マイク・マイヤーズ主演の「ウェインズ・ワールド」に出演しているドナ・ディクソンと、「キングピン/ストライクへの道」に出演のヴァネッサ・エンジェルも笑いを加速させてくれる。 更に主題歌を歌っているのはあのポール・マッカートニーだから豪華である。 本作品は、コメディ映画ながら”世界平和”を説くかのような場面が見られる。 戦争のない平和な世の中に必要なものは何か?それは終わりの方で暗示する場面が出てくるのでお見逃しなく!最後は楽しい”軍縮会議”で笑い納めとなります。

  • oce********

    4.0

    二人が世界を救う

    ロシアにある核兵器を調査という名目でスパイを送り込むのだが、実はこれは腕利きのためのオトリ。 そのため落ちこぼれのスパイ二人が選ばれることに。 このスパイを演じるのがチェビー・チェイスとダン・エイクロイドなので、自ずとコメディになるのは分かる。 最初の筆記試験からかなりベタな笑いで可笑しくなる。 基本的にチェイスが弾けて、エイクロイドがそれに巻き込まれる形。 残念なのは任務に入ってから少し真面目になってしまうところ。 ジョン・ランディス作品なので有名監督がカメオ出演しているが、ボブ・ホープがいきなり出てきたのは驚いた。

  • hir********

    4.0

    またも、たくさんの有名監督さん達が・・・

    ジョン・ランディスの「眠れぬ夜のために」に続く、 有名監督、大量出演もの。 一応、主演はチェビー・チェイスと、ダン・エイクロイド、 それにシャレのわかるシガニー・ウィーバー。 しかし、今作の目玉は、何と言っても「特別出演」の皆様。 テリー・ギリアム 言わずと知れたパイソンズの一人。「未来世紀ブラジル」「バロン」など・・ フランク・オズ パペットの声をやってる人。「おつむてんてんクリニック」「ペテン師とサギ師」 コスタ・ガブラス ロシア出身の社会派監督。「Z」「ゴーリキー・パーク」 マーティン・ブレスト アメリカの人情オトコギ派監督。「ビバリーヒルズコップ」「ミッドナイト・ラン」 と・・・ツウ好みの監督さんが、次々に顔を出します。 コスタ・ガブラスが、ランディスの映画に出るなんて事自体が、信じられない。 で、映画の内容はと言うと、オーソドックスなドタバタ・コメディです。 音楽担当はポール・マッカートニー。

  • gok********

    5.0

    無題

    なかなかいい映画でした

  • pie********

    5.0

     うーん、いいっすねえ。

     チェビー・チェイス、昔は臭くて嫌いだったけど、やっぱ笑えますね。  ダン・エクロイドは、コンビモノで生きるのかしら。  これが好きな人は、当然「大逆転」のファンなんだろうな

  • bac********

    3.0

    ロードムービーのよう

    落ちこぼれスパイが本命の囮になるというのは、コメディ映画の常道。 中盤までドタバタ道中記のようなロードムービーの印象。 警備兵に捕まった相棒を助けに、両脇に自動小銃を抱え馬を駆ける。その馬に「シルバー」と声かける。「シルバー」とは1950年代映画「ローン・レンジャー」の愛馬の名前。 「007」映画を思わせるような大掛かりな施設・装置も登場し、そこそこ楽しめる。

  • ta9********

    5.0

    サタデーナイト出身者作品は多いけど

    自分は本作のちょっとシュールな笑いが好きです。ダン・エイクロイドという人はプロデユーサーとしては優秀だけどコメディアンとしてはイマイチです。天才ベルーシと組んだ「ブルースブラザース」も最高だけど個人的にはベルーシよりもチェビーチェイスと組んだ本作の方がシュールで面白いです。監督はジョン・ランディスなのでハリウッド大作の括りになりますがそのスケールのデカさもいいですよ。

  • lio********

    4.0

    二人の演技が最高~♪

     ダン・エイクロイドとチェビー・チェイスの二人の演技が最高で、最初から最後までずっと笑いっぱなしでした。

  • mas********

    1.0

    最低

    こんなのが映画て言うんだったらもう映画産業なんてもうなくなれば!!

1 ページ/1 ページ中