ここから本文です

スパルタカス (1960)

SPARTACUS

監督
スタンリー・キューブリック
  • みたいムービー 95
  • みたログ 642

3.80 / 評価:162件

カークダグラス一世一代のはまり役!

  • エル・オレンス さん
  • 2019年3月9日 16時18分
  • 閲覧数 173
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

カーク・ダグラスの代名詞とも言えるスパルタカス。あのギョロリとした鋭い眼光に鍛え上げられた身体、そしてあの渋い口調―・・個人的に『ベン・ハー』(1959)のチャールトン・ヘストンに匹敵するハマりぶりです!脂も乗り切っていてまさに絶頂期ですね。ヒロインのジーン・シモンズとのロマンスも美男美女で惚れ惚れします。

ローレンス・オリビエ、チャールズ・ロートン、ピーター・ユスティノフといった英国名優が揃い踏みしているのも贅沢です。

最大の山場であるローマ軍vsスパルタカス反乱軍の戦闘シーンは、CG全盛の今では到底作り上げられない映像パワーです。『ベン・ハー』(1959)や『アラビアのロレンス』(1962)もそうですが、当時だからこそ、巨額な製作費注ぎ込んでこれほどのスペクタクル映画を実撮りできたんでしょう。

ラストシーンも強烈で、とても心に突き刺さります。十字架に架けられたスパルタカスに向って「He’s free!(息子は自由よ!)」と叫ぶ妻バリニア。そして瀕死状態の夫を残し、馬車で涙ながらに去っていく最後は、一生忘れないでしょう。

にしてもカークの若い頃は、いつみても息子マイケルと瓜二つなので恐れ入る・・!



==================================

★1960年アカデミー賞 4部門受賞
助演男優賞(ピーター・ユスティノフ)、撮影賞、編集賞、衣装デザイン賞

★1960年ゴールデングローブ賞【ドラマ】 作品賞受賞

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ