レビュー一覧に戻る
雨あがりの天使

雨あがりの天使

TU SERAS TERRIBLEMENT GENTILLE/YOU ONLY LOVE ONCE

95

syu********

5.0

「時代の先を行き過ぎた名盤」的なサウンド

家族愛をテーマにした作品でありながら、ダンサー出身の監督ならではのセンスで作られた、あくまでモードな一本、としての映画のサウンドトラック。…。"Mr.プレイ・バッハ"の異名を持つ名ピアニスト、ジャック・ルーシエが挑んだヒップでスリリングな『雨あがりの天使』。まさに、スウィンギン・ロンドンなサウンドに対するフランスからの回答、ともいえるルーシェのサウンドは、ジャズとサイケとロックがきらびやかに混合したもので刺激的。ミシェル・コロンビエのサウンドあたりのモダン・フュージョン・サウンド好きにもたまらんでしょう。かなり「時代の先を行き過ぎた名盤」的なサウンド。 フランスらしい叙情的なサウンドがパリの街の佇まいや登場人物の微妙な心の動きを映し出す、シャルル・アズナブールのピアノ伴奏者としても脚光を浴びたジャック・ルーシェのしなやかな音楽。心に染みる憂いを帯びたメロディー、その残響に溢れるシシリズムと共に、ピエール・カルダンの手掛けて衣装デザインも素晴らしい 

閲覧数570