レビュー一覧に戻る
スペースバンパイア

スペースバンパイア

LIFEFORCE/LIFEFORCE-THE SPACE VAMPIRES

102

ジャビえもん

4.0

ネタバレ血を吸う裸体。

お話自体は、あまり感心しません。 最後、吸精鬼はどうして去っていくの? もう、お腹いっぱいなの?  マチルダちゃんと抱き合ったあの男は結局、何だったの? どうなったの?  どうして人々はゾンビみたいになってるの? バンパイアとゾンビ、勘違いしてるの?  「?」マークがいっぱいで、どうもすっきりしません。 が、他の部分ですっきりさせてくれます。 まず、映像。 ジョン・ダイクストラの創造した特撮映像は、特撮映像が最も華があった時代のそれで、やっぱりこの時代の映画はいいなあ、と感じさせます。 音楽もいい。ヘンリー・マンシーニらしからぬ勇壮な音楽は、 え? 内容と合ってるの? とは思いますが、一度耳にしたら忘れられない名スコアです。 しかし、何よりも、観ている者をすっきりさせてくれるのは、マチルダ・メイ。 艶やかな黒髪。白くて柔らかそうな肌。 そして、実に形のいい、ふくよかな胸と、腰から腿にかけての肉感的で、煽情的な曲線美。 実に実にいい。 観ていると鼻血が止まらなくなり、映画を観終えた頃には、映画に出てくる警備員さんのように、からっからになってしまいました。 あらゆるものを吸い取られました、とさ。

閲覧数599