ここから本文です

スペース・リザード3001/宇宙の極道蜥蜴 (1994)

OBLIVION

監督
サム・アーヴィン
  • みたいムービー 0
  • みたログ 1

2.00 / 評価:1件

SF西部劇とストップモーション特撮が魅力。

  • spk***** さん
  • 2020年4月17日 18時17分
  • 閲覧数 86
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

31世紀のとある惑星を舞台にした西部劇。
題名から蜥蜴が主人公かと思っていたら、蜥蜴は敵のボス。
カウボーイ姿のならず者の蜥蜴人間が手下と美しい悪女を連れて、小さな町を襲いに来る。
そこで保安官が殺されてしまい、保安官とゆかりのある若き主人公が戦うお話。

本作では当時としてもなかなか珍しいストップモーションを活用した特撮が観られ、SF要素も入りつつも、西部劇の王道を観ているような感覚で観ていられた。

しかし最後が少しあっけなすぎるかな、というかんじである。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ