レビュー一覧に戻る
雨に唄えば

雨に唄えば

SINGIN' IN THE RAIN

103

ムービークリニック

4.0

ほし よっつ

ミュージカルは苦手ではあるが、コメディになると見やすく感じる。 サイレント映画の撮影で喧嘩しながらニコニコして愛を語る。というシーンから器用なふたりのコミカルさと無声作品映画の特徴が表れていて面白い。 主人公のスタントマンから人気俳優までのサクセスストーリーとわがままお嬢の人気女優に愛想を尽かし新人女優の魅力と実力と確信をついた助言に惹かれる物語は恋愛ストーリーとして楽しめる。 そこにわがままお嬢の甲高い声と滑舌の悪さ。それを隠すスタッフ、吹き替えという技を考えるコミカルさ。そして契約を逆手に逆襲に転じるお嬢の狡猾さ。さらにステージ挨拶での墓穴。という痛快さがアクセントになってる。 ほとんどがポピュラーな人気音楽を使うという方法は、なかなかできることではないと思うが斬新な企画なんでしょうね。 雨の中でタップダンスを踊る有名シーンは評価の高い絶賛されてますが、主人公の親友の常にコミカルに演技する唄と踊りが好きですね。 だがやはりミュージカルは苦手な感じがする。 歌が入るとストーリーが追えないので、飽きちゃうんです。

閲覧数391