ここから本文です

雨の午後の降霊祭 (1964)

SEANCE ON A WET AFTERNOON

監督
ブライアン・フォーブス
  • みたいムービー 7
  • みたログ 27

3.80 / 評価:10件

心理サスペンス物としては微妙な出来

  • gettoughbetough さん
  • 2010年6月27日 5時34分
  • 閲覧数 338
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

原作を未読なので、何とも言えないが、
この映画自体で判断すると、心理サスペンス物としても
物足りなさを感じざるを得ない。

主人公の妻の霊媒能力の有りや否やを最後まで伏せてある
描き方は良いし、この女優の、まさに身体を張った演技には
ちょっと凄いものはある。

だけど、良心の呵責をあれだけ感じながらも、結局は妻の言いなりにしか
動けない旦那のキャラクターに説得力を欠く。

また少女誘拐の目的が売名行為のためだったのか、金銭目的のためだった
のか・・ストーリーの中核となるこの目的が曖昧なため、作品全体も
ぼやけた感じ。

クラシックの心理サスペンスの傑作「何がジェーンに起こったか?」や
「震えて眠れ」とは、やはり、映画作品だけで判断すると、残念ながら
やはり格が違う。

ただ、この物足りなさを埋めるため(最近では「シャッター・アイランド」
がまさにそう!)、原作を読んでみたいという思いには駆られる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ