ここから本文です

スリーメン&ベビー (1987)

THREE MEN AND A BABY/3 MEN AND A BABY

監督
レナード・ニモイ
  • みたいムービー 10
  • みたログ 503

3.56 / 評価:118件

大変面白かったのですが

  • sec******** さん
  • 2011年1月7日 18時21分
  • 閲覧数 1497
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

80年代は、映画の傑作が大変多い年ですが
その中のひとつに間違いなく入る作品だと感じました。

少し前の映画雑誌の、面白い映画ベスト50の上位に
こちらの映画が入っていたので、
観てみたいなと思いつつも、ジャケット写真の古臭さに躊躇して
しばらく放置していましたが、今回やっと鑑賞することができました。

全編にわたってドタバタすぎない、温かい笑いどころがたくさんあり、
古い映画ということも忘れてすっかりのめりこんでしまいました。
赤ちゃんももちろん可愛いのですが、周りの俳優の方の
わざと過ぎない演技が大変好感をもてます。
また、クライマックスのスリルや、微笑ましい感動のラストもスパイスになり、
飽きることもだれることもなく観ることができました。

…と、言いたいところなのですが、実は途中からストーリーと関係の無い部分に目が釘付けになり、少しの間集中力が途切れてしまっていました。
こちらの映画に所謂心霊現象なるものが映りこんでいるというのを知りませんでした。
知っていたらおそらく怖くてレンタルできなかったのですが。
後半に差し掛かっていたころだと思われるのですが、
メインの役者さんの後ろに黒髪の少年みたいなキャストが映っており、
「?だれ??」とよくよく観てみたら、顔がありませんでした。
びっくりとショックでしばらくボーっとしてしまい、何か物語の伏線なのかと思ったら、とくにその回収もなく…
腑に落ちなかったので、あとでインターネットで調べて、そういう不思議な現象が映っていると知りました。
幽霊かどうかはわからなかったですが、不気味でしょうがなかったです…

ですが!赤ちゃんの可愛さはその気味の悪さを吹き飛ばすほどのものですし、
親になった経験のある人ならば、ひとつひとつのエピソードに、きっと「あるある」と共感してしまう程、味のある物語ですので
ぜひ色んな方に鑑賞していただきたいと思います。

途中映画の批評と関係ないことを書いてしまい、すみませんでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ