ここから本文です

スワンプ・ウォーター (1940)

SWAMP WATER

監督
ジャン・ルノワール
  • みたいムービー 5
  • みたログ 15

3.67 / 評価:6件

ふたつの自由

  • 文字読み さん
  • 2009年3月22日 14時03分
  • 閲覧数 304
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

1940年。ジャン・ルノワール監督。ひとり立ちする時期の青年が、人々に恐れられている沼地で逃亡中の殺人犯に出会って心が通じ合う、という話。ルノワール監督ですから、やはりテーマは「自由」。それに、父と息子、真実の探求、三角関係などがからんできてすばらしいドラマになっています。動物たちに近い人間と遠い人間、笛とそれへの応答、きらめく水面など、見逃せない細部にあふれています。特に、三人の女性の描き分けはすばらしい。苦悩する義理の母、たくらむ恋人、無垢な少女。

逃亡中の男はすでに人生をあきらめていて、誰にも邪魔されない「自由」で満足しているわけですが、そこにやってきた青年によって、別の「自由」、人生を思い通りに生きる「自由」を再び見出していきます。孤独な「自由」と大きな「自由」。そのきっかけになる笛の音!いいです。

「自由」であるために孤独である必要はまったくない、はげまされる映画です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ