ここから本文です

青春一座 (1939)

BABES IN ARMS

監督
バスビー・バークレイ
  • みたいムービー 1
  • みたログ 5

3.75 / 評価:4件

ポップスとオペラ唱法が協演すると…

  • bakeneko さん
  • 2014年8月6日 20時49分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

1937年にブロードウエイでヒットした、リチャード・ロジャースとローレンス・ハートのミュージカル:Babes in Armsを、当時絶好調のミッキー・ルーニー&ジュディ・ガーランド主演、バスビー・バークレイ監督で映画化したものですが、ストーリーを大幅に改変したのみならず、オリジナルの舞台に使用された曲は、“Where or When” と“ Babes in Arms”だけで後はオリジナル曲&ショウとなっています(“My Funny Valentine”を削って“Good morning”を入れるなんて!)。

活動写真人気に押されてブロードウエイでは食っていけなくなったボードビリアンの親達が地方巡業中に、子供達が自身の一座を創って興行すべく奮闘するお話で、ミッキー・ルーニー&ジュディ・ガーランドの圧倒的な魅力が輝いています。
特に本作でアカデミー主演男優賞に最年少でノミネートされたミッキー・ルーニーの八面六臂の活躍やクラークゲーブルを始めとした人気俳優達の物まねは圧巻で、当時のアメリカの人気人物もよく分かります。
最盛期のミッキー・ルーニー&ジュディ・ガーランドの魅力爆発の“ショウほど素敵な商売はない”映画の快作で、ブロードウエイのボードビリアンの盛衰についての小史も語られていますよ!

ねたばれ?
1, 子役上がりを演じたJune Preisserの体術は凄い!
2, 主役二人による“大統領夫妻”の声帯模写には大笑いですが、戦時中に指導者を茶化すことが出来たところにアメリカの健全さを観ることが出来ます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ