ここから本文です

ゼイリブ (1988)

THEY LIVE/JOHN CARPENTER'S THEY LIVE

監督
ジョン・カーペンター
  • みたいムービー 104
  • みたログ 744

3.57 / 評価:328件

日本が危ない!

  • latembb さん
  • 2018年10月16日 5時38分
  • 閲覧数 1497
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

浪人生活で予備校の近くの映画館で観ましたね。当時は2本立てで【ヒドゥン】と一緒に見れました。ヒドゥンもB級SFアクションとして傑作でしたので未見の方は、ぜひどうぞご覧ください。
さて、このゼイリブですが、私がこれを見た当時は、宇宙人による地球支配は知らぬ間にされていたと感じました。カーペンター監督は、これを金持ちによる支配者と無知な一般人の姿を現していると感じました。

30年経ってあらためて感じることは、現在の日本が在日外国人(主に支那・朝鮮人)による新聞・TVの支配、または部落・同和・反社会勢力・政治・企業・教育・公務員・極左・中核・共産主義・etcとあらゆる分野でプロパガンダされていることに驚愕しています。

このネット社会の中で、少しづつその真実や闇が暴かれています。

奴らの目的は、日本の国体(天皇)破壊・差別・弱体化・奴隷化による日本乗っ取り計画です。

彼らは、日本人に成りすまし、自分たちに都合のいい権利ばかりを強要して、社会保障費を不正に受給しています。おまけに国の外国人犯罪は増加の一途です。

今、現在でもひっ迫している国民に対して、安倍政権が移民50万人の受け入れを実施しようとしています。

やがて外国人に仕事は奪われ、日本人の給料は上がりません。

経団連・自由民主党は、売国奴です。

欧州が移民政策に失敗で苦悩する現在、移民受け入れを拒否し始めました。しかし、真逆の事を行おうとしているのが安倍政権、並びに野党です。

宗教・民族・犯罪・社会補償費の問題は、これから飛躍的に圧迫・増加していくでしょう。

諸外国への無償援助による税金の垂れ流し、増税・増税・増税の繰り返し!

10年後、外国人様に頭を下げて、勤勉に働く日本人のため息しか、想像できません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ