レビュー一覧に戻る
アメリカの影

アメリカの影

SHADOWS

81

********

5.0

しかしそれでも

1959年。ジョン・カサヴェテス監督。黒人の血を引く男二人女一人の三兄弟。今や落ちぶれた歌手の長兄、自分を持て余して不良仲間と街を放浪する次兄、恋した白人男性がふと見せた人種的偏見に傷つく末の妹。それぞれが自分らしく生きようとして生きられず、しかしそれでも「私」を求めて歩いていく。 肌の色も微妙に違っていれば考えも違っている三人が言いたいことを言い合いながらも肝心なところで信頼しあっているという素晴らしい映画です。その理由が「血縁」ではないのは一目瞭然。映画が進むにつれてどんどん複雑になっていく人たちを見ているのはとても気持ちがいい。

閲覧数1,099