ここから本文です

続・世界残酷物語 (1963)

MONDO CANE NO.2/MONDO CANE N. 2

監督
グァルティエロ・ヤコペッティ
  • みたいムービー 3
  • みたログ 26

2.75 / 評価:8件

カメムシタコスは死ぬほど臭そう…

  • 一人旅 さん
  • 2020年7月19日 11時04分
  • 閲覧数 151
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

グァルティエロ・ヤコペッティ監督作。

「モンド映画」の語源ともなった『世界残酷物語』(62)の翌年に作られた続編で、前作の構成を引き継いでいます。

本作も前作同様、世界各国の奇習や風俗を駆け足で紹介していくモキュメンタリーで、虚実ない交ぜとなった異彩の作風を呆然と眺める仕様になっています。

前作を超える50個近い奇妙な風習が紹介されていて、声帯を切られて鳴き声を発せない犬の痛々しい光景に始まって、生きたカメムシを大量投入したメキシコのタコス(本当に食べています…)、悪趣味な昆虫アクセサリー、若いアメリカ娘と小汚いおじさんのキスイベント、ワニを喰らうアフリカ部族、残存するアフリカの黒人奴隷、石頭を競い合う奇祭…等々、嘘か実か曖昧な(実際は多くが嘘ですが…)衝撃的光景が目白押しとなっています。

映画の構成は前作と同一ですが、紹介される奇習の種類が異なるので新鮮な心持ちで鑑賞することができます。前作と本作をノンストップで立て続けに観れば一日の体力を大幅消耗すること請け負いであります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 不思議
  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ