ここから本文です

世界崩壊の序曲 (1980)

THE DAY THE WORLD ENDED/WHEN TIME RAN OUT.../EARTH'S FINAL FURY

監督
ジェームズ・ゴールドストーン
  • みたいムービー 4
  • みたログ 54

2.28 / 評価:18件

パニック映画の終焉じゃあ~(笑)

  • ser***** さん
  • 2007年2月3日 0時26分
  • 閲覧数 1232
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

かつて一時代を作り上げた男、アーウィン・アレン。パニック映画ブームの先鞭となった「ポセイドン・アドベンチャー」、続く超大作「タワーリング・インフェルノ」、そして自ら監督してコケた「スウォーム」ときて、その終焉となったこの映画迄、まさしく【天国から地獄】を経験したこの大物プロデューサーの名前に、我ら観客も天国から地獄というジェット・コースター!(笑)そんな世代にとって見れば、この大いなる駄作と目される映画も今の底抜け大作&駄作CG映画に比べたら、もう可愛いもんです(笑)。だって火山の噴火だけでパニック映画になる時代ですよ!リアルさなんてどこへやら、ただひたすらスターを並べ立て、ハリボテみたいな特撮で魅せようとする、その根性に怒る事はあっても、今時のリアルさをCG合成でどうだ!といわんばかりに悦に入ってる《ホリエモン》もどきのプロデューサーに比べたら、アレンのプロ根性はたいしたもんです。しかも「タワーリング~」でお付き合いしたとはいえ、大スターのプライドをかなぐり捨て、地獄まで付き合うぜ!とこんな映画に出るポール・ニューマンの男気に私は涙々(笑)。この映画以降、パニック映画は消えていく。代りに台頭してきたのがご存知ルーカス坊や達のお子様風SF映画。アレンが消えて新しい風が吹く。これ、時代の定めといえば定めだけど・・・それにしても淋しいぞ、アレン!これがあんたのやりたかった事なのかぁー!(笑)
 ともあれ、忘れてはいけません。アーウィン・アレンという偉大なプロデューサーがいた事を。70年代のアメリカ映画は何もニューシネマだけではなかった!あなたがいたから奴もいた(笑)。で、奴って誰?
それは皆さんの判断に任せます(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • パニック
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ