ここから本文です

セックスと嘘とビデオテープ (1989)

SEX, LIES AND VIDEOTAPE

監督
スティーヴン・ソダーバーグ
  • みたいムービー 127
  • みたログ 1,112

3.53 / 評価:233件

80年代~現在に至るセックスの嘘と本当

  • non******** さん
  • 2017年5月18日 14時17分
  • 閲覧数 2417
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

1997年のアメリカのAV業界を題材にした「ブギーナイツ」やその他のセックスコメディ映画のなかでも、本作は日米バブル経済成長共に歩んできた恋愛至上主義を代表する作品であることに間違いはない。

スティーブンソダーバーグ初監督でありながら、最高傑作である。

浮かれている世の中を背景に、この頃から既に日常に溢れ出る欺瞞たっぷりな男女関係を濃密に描いている。

ちょうど経済がピーク時に達していた時の高揚感、浮かれ具合とこのあとに起こる援助交際ブームや昨今のアダルトビデオ問題に至るまでの様々な歴史を考えてみると、人間の持つ理性の一線がこの時一気に超えた気がする。

性の乱れなどはいつの時代にも言われてきたが、資本主義とともに支えられてきた自由恋愛の限界を垣間見れる素晴らしい映画である。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
  • 知的
  • 絶望的
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ