レビュー一覧に戻る
鞍馬天狗

hcc********

2.0

覆面を被っていない鞍馬天狗

この映画の鞍馬天狗は新選組の沖田総司を思わせるような月代姿で、黒頭巾を被っているのは幕府方の侍という逆転現象が起こっている。また嵐寛寿郎演じる天狗は冒頭から囚われの身であり、映画の最初の半分ほどは殆ど登場しない。どうやら前半部分のフィルムは消失しているようだ。また尻切れトンボな終わり方を見るにラストの部分も恐らく欠けている。 売りの1つである殺陣はスピード感はあるが単調、そもそも室内にあれだけ多くの人間で1人の敵を囲んでも刀を満足に振り回すこともできないだろうと突っ込みたくなる。登場人物の心理描写も充分ではなく、見どころに乏しかった。

閲覧数33