ここから本文です

血煙荒神山 (1929)

監督
辻吉郎
  • みたいムービー 0
  • みたログ 2

4.50 / 評価:2件

急斜面でのチャンバラは危ないなあ~

  • bakeneko さん
  • 2016年3月23日 15時29分
  • 閲覧数 346
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

神田伯山の講談「次郎長外伝」を元にして、清水次郎長の兄弟分として幕末期に活躍した侠客:吉良(三州吉良横須賀(現・愛知県西尾市吉良町)の仁吉の有名な”荒神山の喧嘩(血闘)”映画化したもので、大河内傳次郎が主役の仁吉と清水次郎長の二役を演じ分けています。
仁吉の女房・お菊を演じた梅村蓉子が可憐で、敵役の安濃徳二郎:寺島 貢は憎々しく、弟分の神戸の長吉:久米 譲は卑怯者に成りきっていて、クライマックスの”京都の五智山の決闘シーン”は十数人の怪我人を出したというのも頷ける大迫力であります。
現在観ることのできる復刻版は”一秒18コマ”の作品を一般映写機で映した24コマ再録版ですので、”字幕があっという間に消えてしまう&全編早回し版”ですので旧仮名遣いも含めて頑張って読み取りましょう!

ねたばれ?
”ぼんやり”って”盆槍”と書くんだ!(夏目漱石の創作だそうです)
で、悪代官との仲直りの取りなしはどうなったの?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ