ここから本文です

戦火のかなた (1946)

PAISA/PAISAN

監督
ロベルト・ロッセリーニ
  • みたいムービー 31
  • みたログ 77

4.14 / 評価:28件

6つの反戦エピソード・・・

  • tot***** さん
  • 2014年10月27日 0時44分
  • 閲覧数 528
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ロッセリーニの6つのエピソードからなる反戦オムニバス映画。
(1)米兵の道案内をする村娘のお話
(2)兵士の靴を盗んだ少年のお話
(3)娼婦に身を落とした女と兵士のお話
(4)恋人に逢いに行く看護婦のお話
(5)宿として訪れた修道院での異教対応のお話
(6)ゲリラ兵士とドイツとの戦いと悲壮な処刑のお話
と、こんなお話です。個人的には・・・(3)>>(5)>(1)>(2)>>>(4)(6) という感じで感情移入できました。反戦メッセージとして何れも切なく、戦争の不条理さを感じることはできますが、全体としてあまりにもドキュメンタリーっぽく、またお話にも繋がりがないので、ひとつの作品としては心に響くものとはなりませんでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ