ここから本文です

戦火のかなた (1946)

PAISA/PAISAN

監督
ロベルト・ロッセリーニ
  • みたいムービー 31
  • みたログ 77

4.14 / 評価:28件

生々しい戦時下のイタリア

  • e_s***** さん
  • 2015年6月19日 12時40分
  • 閲覧数 490
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

1946年、イタリアが制作
監督はロッセリーニ、脚本と助監督兼任の若きフェリーニ!

オムニバス形式で、シチリア、ナポリ、ローマ、フィレンツェ…と
戦闘中!

名もなき役者?たちが、再現フィルムのごとく、リアルに戦争の悲惨さを演じて?いる。

印象的だったのは…
修道院の僧たち
戦時下であっても、ユダヤ教とプロテスタント信者兵士をどうカトリックに改心させるか、それしか考えていない!

ドイツ軍の蛮行
石をくくりつけられたイタリア兵士?ポー川へ、突き落とされる
みな、ヒモで繋がれて…

終戦まで、あと僅かだった…

戦争は、ただの人殺し!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ