ここから本文です

朗かに歩め (1930)

監督
小津安二郎
  • みたいムービー 1
  • みたログ 23

3.60 / 評価:5件

暗黒街の小津1

  • すかあふえいす さん
  • 2014年4月22日 21時06分
  • 閲覧数 219
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

小津の暗黒街物の初めとされる作品。
ジョセフ・フォン・スタンバーグとかの“暗黒街”、ウィリアム・A・ウェルマンの“暗黒街の女”系列の影響が強く、“その夜の妻”ほど洗練された感じはしない。
それでも冒頭のスリのやり取りや車の移動場面など晩年の小津には無い凝った演出が見られる。
この頃はまだ実験的な演出の域だろうか。
ストーリーそのものは与太者が犯罪を犯して徐々に改心に向かうというストーリー。
モダニズムの逸品として評価されているが、個人的には“その夜の妻”の方に強く惹かれる。
それでもよくまとまった小品。
“大学は出たけれど”にも出演した高田稔は中々様になっていたと思うんだ(みんな学生のコスプレにしか見えんけどさ)。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ