ここから本文です

戦艦バウンティ号の叛乱 (1935)

MUTINY ON THE BOUNTY

監督
フランク・ロイド
  • みたいムービー 7
  • みたログ 74

3.69 / 評価:32件

骨太の歴史映画。古いが普通に面白く見れた

  • pok***** さん
  • 2019年1月27日 17時49分
  • 閲覧数 61
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

18世紀。人権思想なんて全くない時代。

艦長の非人道的な扱いや拷問などに耐えられなくなった船員達の
謀反の顛末をじっくり描いている。

前半は悪徳船長と敵対するクラーク・ゲーブルが主役。

しかし後半はもう〜船長のしぶとさが凄い。
これだけでも一見の余地有りです。

船を動かすのに囚人を使ったり、
船になんか乗りたくもない一般人を強制徴用したり・・・
もうメチャクチャで問題起こらない方が不思議な状態。
航海を成功させる気があるのかね?

起こるべくして起こり、
その繰り返しが船の法を改善してきたのね。

ラストの最も悲劇的運命を辿った船員の
裁判での言葉・・・胸に沁みます。

古そうで退屈そう。(ま、そんな部分もなくはないが)
そんな理由で見ないのはもったいない映画ですよ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ