ここから本文です

潜行者 (1947)

DARK PASSAGE

監督
デルマー・デイヴィス
  • みたいムービー 0
  • みたログ 12

3.00 / 評価:5件

顔のないボガート

  • 文字読み さん
  • 2007年2月4日 0時47分
  • 閲覧数 378
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ただただバコールが「脱出」「三つ数えろ」からいかに変わってしまったかが残念。「あやしさ」が消えてしまった。そのせいか全体的に単調で、いまひとつぱっとしない映画だった。
フィルムノワールとロケという時代の映画でありつつも、カメラが主人公の目になった前半、まったく顔が映らないボガート、というのがすごい。ある意味、そこでのボガートは観客と一体になっていて、その後、カメラがボガートの目から離れても、観てる方は自分を見てるようで不思議な気分。
ボガートの顔が生まれてくる映画であり、当時の文脈だと、バコールとの新婚生活とか、ハリウッドの赤狩りに反発していたのに途中で裏切ってしまったボガートの転向とかいろいろ考えてしまう。ボガートの顔が現れる瞬間のバコールの表情が驚いたんだかがっかりしたんだかとても微妙で、一方で老けて見えることをを気にするボガートも切ない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ