ここから本文です

戦場よさらば (1932)

A FAREWELL TO ARMS

監督
フランク・ボーゼージ
  • みたいムービー 3
  • みたログ 48

3.23 / 評価:13件

題名違うやん 20点

  • メッシ さん
  • 2019年9月22日 18時48分
  • 閲覧数 101
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

118分でチャプター10



「熱なんてない」ヘンリー
「お喋りしないで」
「火照ってるだけだ」ヘンリー


「彼のいない病院は堪えられない」キャサリン
「スイスでも独りよ」
「大丈夫なんとかなる」キャサリン
「怖いものなしね」


「戦争など無意味だ。彼女を探さないと」ヘンリー



戦争の過酷な実態が特に描かれてないからただ色恋にとち狂って逃げただけにしか見えない。
当時の人達には共感したかもしれんが今見ると激しい戦闘もないし、つかアメリカ人同士がイタリアに来て勝手に戦争に参加して逃げるて。

ヘミングエイの実体験かもしれんが、そもそもこいつもタフを気取って戦争行って帰っただけでその時の妄想でしょ。戦場国の人々はどこにも帰れないのに。

当時の流行作家なだけ。歴史には残らない。

ラブシーンはありません。


20点

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ