ここから本文です

センチメンタル・アドベンチャー (1982)

HONKYTONK MAN

監督
クリント・イーストウッド
  • みたいムービー 41
  • みたログ 343

3.61 / 評価:110件

クリントの歌声ね

  • オーウェン さん
  • 2016年6月3日 17時36分
  • 閲覧数 1375
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

クリント・イーストウッドがカントリーシンガーになるという意外さ。
これこそこの映画のウリだが、歌声が必ずしも響くとは思わない。

元々ジャズには精通しており、自身の映画作品に度々使用している。
ただしそれはあくまでも演奏であり、歌声という部分ではほとんど聴いたことがない。

そのイーストウッドは甥と共にオーディションのためナッシュビルに向かう。
しかしクリントは肺を患っており、旅の過程で体は蝕まれていく。

カントリーシンガーという意味で言えば、「クレイジーハート」の方が上質な感じはする。
それはやはり主演の歌に対する感性を刺激するかだ。

イーストウッドとジェフ・ブリッジスで言えば、ブリッジスの方に素直に感動できた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ