大人の見る絵本 生れてはみたけれど
4.2

/ 71

41%
38%
18%
1%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(29件)

笑える21.1%コミカル17.9%楽しい15.8%切ない15.8%かわいい14.7%

  • kaz********

    4.0

    ネタバレ大人の見る絵本を見て何を感じますか

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • エル・オレンス

    4.0

    ネタバレオナカヲコワシマスカラwww

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tri********

    5.0

    ネタバレ踏切が開かなければ…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kus********

    5.0

    いろいろな意味で名作

    まずこの映画のお陰で1932年の日本がどのような状態であったかということがいろいろわかる。歴史の記録、風俗の記録など多くの価値を持つ。 そんな昔のことながら逆に今とそんなに変わらないではないかということも分かる…それは脚本や演出が優れているお陰であろう。 作品の内容も現代と変わらないと思う。子供が父親に対して失望したり世の中を知っていく過程であったり…切なかったりするけど結局は父親のことは時間がたてばどんどん理解する。失望しっぱなしではない…知ることにより学ぶことによりまた尊敬するのである…父親の暖かさ愛情を知り… もちろんそれは母親も。家族という絶対の基本、絆、宝物が存在する、また出来上がるのである… いろいろな価値がある作品でありいろいろなことを感じさせてくれる作品である…そして暖かい気持ちになり生きていることが嬉しくなる作品である。

  • qaz********

    3.0

    父と子

    先週の日曜、TUTYA三軒茶屋店でレンタルし鑑賞しました。 音楽も無い完全な無声というのがマイナスでした。昔NHKで見た記録がぼんやりとあります。 息子たちが子分で重役の息子の太郎ちゃんの家で8ミリを見て家では厳しく幻覚な父が初期のジョン・レノンのごとくふざけた顔で醜態を見せるのはカットバックが見事です。 家に帰り複雑な気持ちで父を蔑むように見つめる2人。父も異変を察します。 父の言い訳も耳に貸さず遂に不満を爆発させた兄が「お父ちゃんの意気地なし!」と言葉を投げつけます。すると怒りが爆発した父は兄に暴力を振るわず尻を叩きます。そこが小津らしいです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


坂本武重役
飯島善太郎遊び仲間
藤松正太郎遊び仲間
葉山正雄遊び仲間
佐藤三千雄遊び仲間
林国康遊び仲間
野村秋生遊び仲間
石渡輝秋遊び仲間

基本情報


タイトル
大人の見る絵本 生れてはみたけれど

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-