レビュー一覧に戻る
セント・エルモス・ファイアー

kocchin

5.0

ネタバレ人生の曲がり角

この映画、好きだったなあ 大人になればなるほどまた味が出て来ます 人生に対しての悩み事、そんなものは永遠につきません 1番の交通事故にあった時の衝撃は社会人になるときであると考える 自分の新しい人生を刻むために精一杯頑張るのだが、ただ頑張るのだけではなく、やはりしたたか、というより賢い、でもいいとは思うのだがそういう部分も必要になる この後日譚みたいなものもあってもいいぐらいの青春の1ページ作品としてはの成功例だがそれぞれの出演者(役柄とは違うといえば違うが)の役者人生と考えてはいいのでは、と 監督も色々な映画が撮れるいい監督です ザ・仕事人、ですね

閲覧数1,620