ここから本文です

セント・オブ・ウーマン/夢の香り (1992)

SCENT OF A WOMAN

監督
マーティン・ブレスト
  • みたいムービー 806
  • みたログ 3,762

4.42 / 評価:1587件

演技もよい

やっぱりなんといってもアルパチーノの演技は素晴らしい。 主演男優賞を受賞するのも頷ける。 特に最後の大学での弁論は感動ものであった。 私も同様に心を失った人につける義足はないという言葉が身に染みた。 とはいえともを守ることで自分の立場が危なくなることも事実。世の中綺麗事だけでは成功しない。だからこそ審議正義を尽くす人が輝いて見える。 映画のヒーローになる人たちはこのような素質を持っている。 それはなぜなら自分がそのような行動をとることができないからである。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ