ここから本文です

聖(セント)メリーの鐘 (1945)

THE BELLS OF ST. MARY'S

監督
レオ・マッケリー
  • みたいムービー 5
  • みたログ 27

3.86 / 評価:14件

オチャメでキュートなバーグマン

  • fg9***** さん
  • 2017年11月17日 15時08分
  • 閲覧数 239
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …普段は、WOW〇〇を中心に映画を愉しんでいるが、初回放送もので面白そうな作品がないので、マイ・ライブラリー(2000作品以上)から無作為にチョイスして観てみる。
 …あらすじは解説のとおりと書こうと思ったら空欄で、レビュー数も未だ6件のみだ。
 『カサブランカ』のイングリッド・バーグマンが主演だが、70年以上も前の1945年の作品なので、古すぎて殆どの人は触手が動かないのだろう。
 アカデミー賞7部門を獲得した『我が道を往く』の姉妹編とあり、オラッチは未見だが、イングリッド・バーグマンのお顔を拝することを愉しみに観てみる。
 ストーリーは、割と他愛のないものだった。
 イングリッド・バーグマンが修道院の寄宿学校のシスターで、そこに神父役のビング・クロスビーが新たに赴任して物語は展開する。
 シスターは伝統的なしきたりや規則を大事にするが、新任の神父はなにごとにつけ寛容で進歩的であるがため、2人の教育方針はしばしば対立する。
 一方、修道院の隣には大きなビルが建ち、そのオーナーは修道院を駐車場にしようと目論んでいる。
 シスター達はひたすら「祈る」ことでそのビルに寄宿舎が入ることを望み、神父は現実的にそのオーナーと折衝に走る……。
 以下、ポイントだけ示す。
 ・シスターと神父は対立してはいても、心の奥深いところではお互い理解し合っている。
 ・ビルオーナーの心の移り変わり様もなかなか見もの(犬が可愛い)。
 ・伏線として、寄宿舎に新たに入った1人の少女にまつわる話も見逃せない。



 [以下ネタばれ気味]
 ・シスターに異変が?……セントメリーを去らなければ……神父はその理由を言えないまま……別れが……そんな、そんな!!!……カ・ナ・シ・イといったストーリーだ。

 [エピソード]
 喧嘩に負けた男の子のために、自らボクシングの教則本を買い、男の子相手にジャブだ~ストーレートだ~と教えるバーグマンはオチャメでとっても可愛かったな。
 バットを構えて野球をするポーズもとってもキュートだったな。
 バーグマンのシスター姿が超絶に美しくて、眼も心も清々しさで洗われる佳作だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 悲しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ