ここから本文です

戦慄の絆 (1988)

DEAD RINGERS

監督
デヴィッド・クローネンバーグ
  • みたいムービー 78
  • みたログ 289

3.74 / 評価:106件

二つの狂気の交錯

  • eichou02 さん
  • 2007年5月13日 16時57分
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

とにかく、ラストが悲しすぎる…!
近すぎるが故に反発して、でも互いに魅かれあって、どちらがどちらを失っても生きていけない。
クリスさえ現れなければ、二人きりの世界で平穏に生きられたのか。
私はきっとどこかで破綻して、やはり同じ運命を辿ってしまったのではないかと思います。

二人一緒で無ければ生きられないと盲信し、弟を自分に縛りつけようとする兄と、愛する人を見つけ、自立を図るも勘違いから裏切りにあったと思い心を閉ざし、薬物にのめり込んで行く弟。
心を傷つけられボロボロになった弟が辿る激しい狂気の道と、それを何とか懸命にフォローし、「シンクロ」することで治療しようとする兄の静かな狂気の対比が更に痛々しい。
映像も音楽も、どこか淫靡で頽廃的です…一人二役を演じるジェレミー・アイアンズの演技がまた上手い!

双子の生き方を思う時、改めて人と言うものの孤独さと悲しさを考えさせられました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ