ここから本文です

戦慄の絆 (1988)

DEAD RINGERS

監督
デヴィッド・クローネンバーグ
  • みたいムービー 78
  • みたログ 288

3.74 / 評価:106件

自己愛

  • taransowa1919 さん
  • 2008年8月2日 6時29分
  • 閲覧数 370
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

双子にはお互いシンクロする何かがあるんでしょうね。
あまりに心が分かりすぎると、他人(友達)を必要としませんから。


その分かりすぎるが、発車をかける狂気。
他の誰をも受け入れない。
自分達の黄金の魂に他人の泥を混ぜないために。


結合双生児ではないのに、結合双生児のように感じている兄。
血を共有してると思っている。
自分は弟でもあるのだ。

支配欲というより、これはゲイ以上のナスシズムかな?
弟を通して自分を愛してるんだと思う。
そしてその自己愛は、弟なしには完結しないんでしょう。
その呪縛から逃れられない弟の自虐的な心境に、一種のエロチックを感じました。


最後の狂気が見せる悲しい結末。


何故か、萩尾望都の『半神』を思い出し、無性に読みたくなりました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ