ここから本文です

戦慄の絆 (1988)

DEAD RINGERS

監督
デヴィッド・クローネンバーグ
  • みたいムービー 76
  • みたログ 286

3.74 / 評価:104件

神に憑依されたかのようなジェレミーの演技

  • fg9******** さん
  • 2017年1月27日 16時32分
  • 閲覧数 1391
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは、解説のとおり。
  一卵生双生児の婦人科医の兄(社交的)弟(内気)が、ある女性と出会ったことから精神のバランスを崩して転落していく様が描かれている。
 幼い頃から一心同体だった兄弟は、あたかも1人の人間のアイデンティティが、なし崩しに破壊されていくかのように崩れ去っていく様は切ない(生きるも死ぬも、身も心もひとつの切なさか……)。
 この双子の役柄を、ジェレミー・アイアンズが神に憑依されたかのように見事に演じきっていて、なかなかの佳作だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ