ここから本文です

戦略大作戦 (1970)

KELLY'S HEROES

監督
ブライアン・G・ハットン
  • みたいムービー 35
  • みたログ 347

4.14 / 評価:137件

(゜_゜>)戦略大作戦\(◎o◎)/!

  • toy***** さん
  • 2008年8月7日 11時48分
  • 閲覧数 282
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

大戦中のヨーロッパ戦線を舞台に、連合軍のならず者たちが、繰り広げるアクション・コメディ。(^^♪

ストーリーは、そんな落ちこぼれ米兵達が、ドイツ軍占領下の銀行から、金の延べ棒をネコババすべく、上層部に内緒で、勝手にあの手この手で進撃を開始。銀行を守るドイツ軍と戦うが、そのドイツ軍も、米兵と同じ様な”腹黒い輩”で、米兵と共謀して金の延べ棒を強奪する。大いに笑わせてくれる。実にギャグだ!中でも、ちょっと危ない戦車兵に扮したD・サザーランドが、達者な演技を見せ、過激なギャグを連発している。(~_~)

およそ戦時中とは思えない?規律の乱れたアメリカ軍の、兵士達が巻き起こす”大作戦”が目玉になっていて、ハリウッドの好きな【アメリカン・ドリームの戦争版】である~☆

クリント・イーストウッドの、クールな立ち振る舞いは、葉巻でも吸えばマカロニ・ウエスタンの時と、同じ雰囲気だ!(^<^)

とにかく痛快!出ている人間がまた、クリント・イーストウッドをはじめとする、一癖もふた癖もある面々達ばかり‥普通、戦争映画といったら、国のために戦うのに“自分たちのためだけに戦う”から面白い。(^_^.)

安い給料で、明日へも知れぬ命とばかりに、行動する曲者ぞろいの兵士たち。(^_-)-☆

途中で仲間が犠牲になっても、ひたすら明るい?これギャグ映画です!?

戦争の最中に、敵地にある金塊を強奪にいくという、メチャクチャふざけた話「戦略大作戦」の舞台は、第二次大戦末期の欧州戦線で、既に連合軍の勝利は時間の問題であり「今更、危険など冒せない!」と、米兵達の戦意も大きく下がっている。(ーー;)

危険な任務は他人に押し付け、自分だけ楽をしようとする輩ばかりで”精鋭アメリカ軍”のイメージは全く無い!なにしろ金塊強奪が、目当て?なのだから当たり前~(^^)v

クリント・イースドウッド、テリー・サバラスらも、米軍の落ちこぼれといった感じで、極めつけは戦車隊のD・サザーランド。軍規など全く無視、それどころか所属部隊すら不明?だから愉快だ!正に「米軍フリーター部隊」といった、自由奔放なデタラメ振り…

クリント・イースドウッド、テリー・サバラス、D・サザーランドの3人が、ドイツ軍の指揮官を説得するシーンは、マカロニ・ウエスタン風の味付けになっている。(^。^)

「なあ、聞いてくれ。俺達はお互い唯の兵隊だろ!」と、ドイツ兵に話しかけるシーンは古今東西の最前線の、無名下級兵士の共通の思いを、描いた傑作だ!!

タイトルだけ見ると、戦争スペクタクル映画のようだが、さにあらず~戦争を口実に金塊強奪を目論む“集団泥棒コメディ・ギャグ”だから、人間味もありユーモラス満点だ~♪

とにかく随所に笑いどころがあり、肩の力を抜いて気軽に楽しめる、不真面目さでダントツな映画です。(@^^)/~~~

後半にかけての銀行を守る、ドイツ軍への強襲シーンは見所で、タイガー戦車ラスト1台をどうしても排除できないと、わかってからの彼らのとった手段が、演出シーンを含め、おふざけ満載・・・・・

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 不思議
  • パニック
  • 勇敢
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ