ここから本文です

仇討からす (1934)

監督
政岡憲三
  • みたいムービー 0
  • みたログ 0

未評価

解説

松竹キネマ配給のトーキー映画で、シナリオライターの島津保次郎の原案をアニメ化したナンセンス・ギャグもの。監督は「日本のアニメーションの父」と称される政岡憲三が担当。なお、本作は元々2巻ものの中編として製作されたが、配給元の松竹側の都合により、前編『仇討からす』、後編『ギャングと踊子』の2作品に分けて公開されることとなった。なお本作は政岡の弟子で、作画スピードが非常に速かった瀬尾光世が作画の8割を担当したといわれている。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ