ここから本文です

アメリカンレガシー (1992)

SILENT TONGUE

監督
サム・シェパード
  • みたいムービー 11
  • みたログ 16

3.00 / 評価:10件

愚かながらも優しい男達 賢く美しい女達

  • jus***** さん
  • 2014年5月7日 18時56分
  • 閲覧数 698
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

馬三頭で買われたインディアンの女、金で買ったとはいえ心から妻を愛した男。
女は重いお産で死んでしまいますが男は朽ち果てていく妻から離れることができません。日に日に衰弱していく男の前に女はおどろおどろしい亡霊となって現れ、売買され子供を孕まされたことを恨み、遺体を火葬し私を解放しろ!さもなくば周りの人間もろとも呪い殺す!と男を脅します。
クライマックス。女の遺体は火にくべられ亡霊は消えるのですが、その時亡霊の顔は美しい生きていた時の女に戻るのです。そしてその事によって苦しみから解放されたのは男のだったと観ている私たちは気付くのです。
っと解釈したんですけど違いますかね?でも本当に恨んでたら火葬しろなんて言わずに呪い殺してから成仏すると思ったんですけど、、、この辺は物語の中ではっきりとは語られません。
いつも美男子がフューチャーされがちなリヴァーが美男子押さえぎみで、哀愁とか不器用なんだけど優しそうな雰囲気を全面に出している所がリヴァー・フェニックスファンとしては見所でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不気味
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ