ここから本文です

浮草物語 (1934)

監督
小津安二郎
  • みたいムービー 9
  • みたログ 47

3.80 / 評価:15件

「ウソだろう?」の言葉しか出てこない。

83年の隔たりをたちまち縮めてしまう詩情と無常と慈愛のマジック。 
私の言葉など全く不要です。
その地を去らねばならない切なさを後の松竹看板映画の母胎となっているのは申すまでもありません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ