レビュー一覧に戻る
浮草物語

ytq********

4.0

ネタバレサイレント版の方に軍配かな(?)

 作劇に問題ありか。主人公である旅芸人の一座の座長が息子の実の父親であるということを、母親が息子に打ち明けるシーンがいささか唐突に感じた。ここに何かもう一捻りあって自然な展開になっていれば文句なし。また、ラストに主人公が選んだ生き方も素直に受け入れ難い。主人公が息子に望んだように「堅気」になって欲しかったような気もする。その方が「再出発」としての意味合いも深まったろう。  しかし、座長とその愛人である一座の女優との丁々発止の場面が非常にスリリングで見事であり、この作品の最大の見せ場であった。  小津はこの作品を戦後、リメイクしているが、そちらよりも当作品のキャスティングの方がしっくりくる。リメイク版である『浮草』の方の座長は年をとり過ぎ、また、座長の昔の女の方は気品が出てしまうのである。  子供の出演シーンがコミカルで面白く、声を出して笑ってしまった。  ところでこの作品、SET座長、三宅裕司主演でリメイクして欲しいなどと思ってしまった。主演、坂本武の軽快な体の動きが個人的に三宅とダブってしまったのである。  

閲覧数623