レビュー一覧に戻る
東京の英雄

bakeneko

5.0

ネタバレ戦前も投機詐欺ってあったんだ!

架空事業で資金を集めた後で雲隠れした父親に騙されて結婚しても子供を引き継いで育てた母親の水商売の苦悩と、成人した3人兄妹の辛酸を、吉川満子の母親、藤井貢、桑野道子、三井弘次(この頃は秀男)の3兄妹で見せて行くドラマで、助演に高杉早苗、主人公の子供時代を突貫小僧が演じています。 1時間に纏め上げられた作品ですので、清水宏監督作にしては捻りの無いストレートな造りとなっていますが、登場人物の心理は良く掘り下げられていますし、当時の世相や価値観が興味深く描き込まれた作品で、水商売への差別や架空事業への投機詐欺などが氾濫していた時代の空気感覚を観ることが出来ます。 ねたばれ? サイレントだと三井弘次の“ヒネた声”が聞こえないので、生真面目な次男役も嵌っています。

閲覧数360