ここから本文です

続・激突!/カージャック (1974)

THE SUGARLAND EXPRESS

監督
スティーヴン・スピルバーグ
  • みたいムービー 52
  • みたログ 532

3.46 / 評価:179件

銃社会とは

  • kun***** さん
  • 2017年6月1日 12時54分
  • 閲覧数 668
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

自分の身は自分で守る精神は何処から生まれたのか、ふと思いました。
広大な面積の国なので治安維持は容易じゃない。
悪党から身を守るには取り合えず国家警察に頼っても時間が無いではないか?
そこそこの武器の携帯も仕方ないって事ですかね?
国情が日本と大きく違い、警官も先ず弾丸から身を守るのを常にしないと、
何時死んでもおかしく無い。
夫婦揃って小悪党で、嫁が特に素行が悪く、でも旦那より先に出所し、その間
2歳の子は法により里子に成ってしまった。
嫁は里親から取り戻す為に、4か月刑期を残す夫が嫌がるのも無理やり脱走
させる。
老夫婦の車をカージャックし、地元警官のパトと遭遇警官を人質に目的地に向かう。
この警官人質事件が世間に広まり、目的地までの町まち沿道が雑多な人が入り乱れる処になり、銃を持った一般人が勝手にその車を狙い撃ち。
こんな行為がある程度認められてるのでしょうか?
パト風仕様に改造し、無線も装備、狩猟の延長気分。
3億丁の銃が国内に出回ってるそうで、人口とほぼ同じ。
5歳児が誤って人を打つ事故とか結構有るのが凄い。
日本にも粗野な若夫婦が起こす事件が多いけど、大抵我が子虐待死位。
粗野な連中って我が子に対して極端な行為するんですね。
溺愛か虐待
どちらにしても、子供の情操に良くないから、社会順応性が育たない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ