ここから本文です

続・激突!/カージャック (1974)

THE SUGARLAND EXPRESS

監督
スティーヴン・スピルバーグ
  • みたいムービー 52
  • みたログ 532

3.46 / 評価:179件

スピルバーグ初劇場映画

  • al2***** さん
  • 2017年5月31日 20時24分
  • 閲覧数 1269
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

テレビ映画「激突!」で正体不明のトラックに追われる一市民の恐怖をすさまじい緊張感と完成度で世に放ったスピルバーグ初の劇場映画がこの「続・激突!カージャック」
服役した両親のもとから里子として引き離された子供を取り返すため脱獄、パトカージャック、大逃走劇を繰り広げる。
「激突!」とは何の関係もなく続編でもないが、この適当な邦題をつけるあたりが70年代配給会社のゆるさと当時のスピルバーグの知名度の低さを物語ってる。

実際の事件を映画化していて、テキサスの片田舎をひた走るロードムービーで刹那的な行動をする若いカップルの姿がニューシネマ風で時代を感じさせる。
後にスピルバーグといくつも傑作を生み出したジョンウィリアムズの切ない音楽も効果的です。

ただスピルバーグの才能のすごさはやはりこの作品にも表れていて、カメラアングル、テンポのいい編集、前半のコミカルな展開と後半のシリアスな展開のメリハリ、などただのニューシネマを超えた一級の娯楽作品に仕上げてるのがさすが。

少々頭の弱い馬鹿親を演じたゴールディホーンの上手さも際立っていて見事新人監督スピルバーグの期待にこたえています。

この作品のあと「ジョーズ」を皮切りにまさに飛ぶ鳥を落とす勢いで大ヒット作を連発する天才スピルバーグの才能が十分堪能できる快作。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ