ここから本文です

続・夕陽のガンマン/地獄の決斗 (1966)

IL BUONO, IL BRUTTO, IL CATTIVO/DA UOMO A UOMO/THE GOOD, THE BAD AND THE UGLY

監督
セルジオ・レオーネ
  • みたいムービー 70
  • みたログ 882

4.22 / 評価:393件

『ウエスタン』を見た後なので、、、

  • mim******** さん
  • 2021年5月5日 20時37分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画に2種類あるとすれば、(ジャンル問わず)
1つは、単純明快に楽しめる作品
1つは、心震わす切ない余韻が残る作品

これは、単純に楽しめる作品かな。
ロードムービー西部劇コメディって感じ。
イーライウォラックの普遍的なお顔立ちはきっと今の時代でも通用する憎めないワルい奴。腕は確か。それなりに辛い人生送ってきたよ。親を大切にしてるよ。信仰深いよ。なので、結局こやつは死なないよ。でも卑怯者だよ!それが俺だ!と、
人となりを唯一知れる登場人物。
クリントイーストウッドより、目立っているけど、若かりし頃のクリンとイーストウッドはなんとまぁ爽やかイケメン(まぁ今もでしょうが)

レオモリコンビ(レオーネ&モリコーネ)作品で、ワンスアポンアタイムアメリカ、ウエスタンは切なさ残る作品。
私は切な系が好きでウエスタンを見た後なので、何回も見るに至らず。
ただ、レオモリ作品はまだ未見のもあるのでこれからまた心震わす作品に出会えるのではないかと期待するところ。

レオモリコンビではないが『アンタッチャブル』のオープニングが好きなのだけれども、この作品のオープニングもカッコいい。これだけでも一つの作品。ただ、オープニングが素晴らしいだけに、その後に続く本編がそれ以上なのか、、、期待し過ぎてしまうのが、これからその映画を楽しめるのかがプレッシャー。

ん?結局私は音楽ありきの映画好きなのか?

レオーネ作品には、少し変なおじいさんが常連なようだが、この作品の場合も然り、銃売るおじいちゃん。いい味出してます。

あっ、あと、本編にないのが残念だが、未公開シーンに出てきたあのおじいちゃん、『ウエスタン』のオープニングに出てくる切符売りのあの不思議なおじいちゃんが出ていました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ