ここから本文です

底抜け西部へ行く (1956)

PARDNERS

監督
ノーマン・タウログ
  • みたいムービー 1
  • みたログ 20

3.57 / 評価:7件

無名時代のC・イーストウッドが数分間出演

イーストウッド俳優引退宣言、監督専念へ 
米俳優のクリント・イーストウッド(78)がこのほど、米ロサンゼルスでスポニチ本紙の単独インタビューに応じ「もう積極的に役は探さない」と、実質的な俳優引退宣言を行った。「今後は監督業に専念したい」と話し、4月25日に日本で公開される監督・主演作「グラン・トリノ」が最後の出演作品になる可能性が出てきた。同作は全米でも大ヒット。日本でも“大スターの引退作”として注目を集めそうだ。

底抜けシリーズ第17作にあたる。ジェリー・ルイス、ディーン・マーティン、底抜けコンビの西部劇。この次に作られた18作目「底抜けのるかそるか」がコンビの最終作になった。無名時代のC・イーストウッドが町の青年役で数分間出演。後の「夕陽のガンマン」のコンビL・V・クリーフも脇役出演している。

今日になって再見したい主演作では「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗」伝説の三角決闘シーンですね。監督作ではイーストウッド唯一の劇場未公開作品「愛のそよ風」何か心に残るものがある。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ